情報コラム

2014.06.26更新

透析医療は、医師、看護師、臨床工学技士、看護女子、医療事務員など多くのスタッフが一丸となったチームワークによって成り立っています。

透析患者様の免疫力が低下しているため、透析医療室は医療施設の中でも院内感染が発生しやすい場所と考えられています。
当院では、独自のマニュアルを作成したり、ベッドの配置に気を配るなどして、感染症の予防にも最新の注意を配っています。

透析患者様は下肢に症状が現れることも多い為、フットケア医療にも積極的に取り組んでいます。

感染対策委員会、事故対策委員会、防災委員会、接遇委員会など、スタッフは全て各種院内委員会にも積極的に参加し、大阪市福島区の患者様の快適な治療生活が送れるよう努めています。

投稿者: 梶本クリニック

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/04/27
外来診察休診のお知らせ
2018/03/26
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院