学術報告

2017.07.03更新

食事評価にて食事摂取不足が判明した透析患者の2症例

 

池田真弓、伊藤 聡、山脇亜紀子、加賀和哲也、大悟法恵一、川上喜代美、梶本好輝

 

透析により蛋白異化が亢進すること、アミノ酸が喪失することから、透析患者にとって適切な食事摂取は不可欠といえる。しかしながら血液所見など検査所見のみから食事量を推測することは困難であり、栄養士による食事評価が重要であることを痛感した2症例について報告した。

 

(平成29年7月1日、於:はまぎんホール ヴィアマーレ、神奈川県横浜市)

投稿者: 梶本クリニック

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/04/27
外来診察休診のお知らせ
2018/03/26
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院