情報コラム

2013.11.28更新

みなさま、こんにちは。
当院は、大阪市福島区にてクリニックを開院しております。
人工透析をはじめ、内科、泌尿器科、皮膚科を診察しております。

透析治療を当院でお考えの方、まずはお電話にてお問い合わせをお願いします。
来院のお約束の日に院長との面談も兼ね、クリニックを見学していただきたいと思います。
スタッフ責任者が施設をご案内いたします。
そのときに、患者様のお話を詳しくお聞かせいただき、透析や送迎のスケジュールのご相談をさせていただきます。

長いお付き合いをさせていただくことになりますので、皆様とのコミュニケーションを何よりも大事な事と考えております。
お困りごとはお気軽にお申し付けください。
出張時などの臨時の透析にも対応いたします。
ご予約ください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.26更新

腎臓のもっとも大事なはたらきは、からだの中の老廃物や不要な水分を除去して血液をきれいにし、からだの状態を一定に保つことです。
その腎臓の機能を果たせなくなった時に行う治療が人工透析です。

人工透析を始められた患者さまとは、10年、20年と超えたお付き合いをさせていただくことが多いので、気軽にご相談していだたけるような雰囲気を心掛け、ホームドクターという意識をもって診療に当たっています。
当院では、免疫力が低下して細菌感染のリスクが高まっている透析患者さまの下肢を守るため、フットケアにも力を入れ、管理栄養士による食事のアドバイスも行っています。

当院では、医師、看護師、医療事務員など多くのスタッフが連携し、診療に当たっています。当院への通院透析をお考えの方は、お電話でお問い合わせください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.20更新

透析中は、さまざまな懸念点が発生してくるものですが、近年、ことに注目されている懸念点は透析患者様のフットケアです。

透析患者様の下肢には、糖尿病や栄養不全による免疫力低下、細菌感染を起こしやすい、尿毒素が蓄積して皮膚が弱く乾燥しているなどのトラブルがある場合があり、その上尿毒症や糖尿病で神経がいたみ、知覚が鈍くなっているケースもあります。
そのため、健康なときであれば問題にならない些細な、小さなキズなどの皮膚トラブルが、驚くほど急に深刻化し、最悪の場合に下肢切断などの必要性がでてくることがあります。
特に年配の方は視力にトラブルをかかえるケースがあるので、医療スタッフによるフットケアは重要視されているのです。

大阪市福島区での人工透析については、丁寧にとりくむ当クリニックへお任せください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.14更新

年賀状の販売も始まり、早いもので今年ももう残り少なくなってきました。
今年はみなさんにとってどんな一年でしたでしょうか。

人工透析とは簡単に言いますと、腎臓がやるべき機能の代替を医療機器が行う事です。
主に腎不全に罹ってしまった患者様が週2、3回、一回あたり4、5時間の治療をします。
透析中はベッドに横たわっておりますので本を読んだり眠ったりしながら過ごします。

人工透析を受ける患者様は長期間の治療となります。
患者様が少しでもリラックスできるよう、アットホームな雰囲気作りをスタッフ一同目指しております。
また、透析治療の患者様には、栄養士監修のもと食事の指導も行っておりますので気兼ねなくご相談下さい。

当院は、内科、皮膚科、泌尿器科もございますので気になる症状がありましたらご相談下さい。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.12更新

人工透析の患者さまにとって、バスキュラーアクセス手術は命綱ともいえる大切な手術です。
バスキュラーアクセスとは透析のために血液を体外へ取り出したり、浄化された血液を体内に戻したりするルートのことです。
現在、最も一般的なものは内シャントと呼ばれる方法で、腕の動脈と静脈をつなぎ合わせる手術をします。

当クリニックではほとんどのバスキュラーアクセス手術を行なうことができます。
患者さまの中には人工血管グラフト留置、動脈表在化といった方法が必要となる場合がありますが、これらについても手術が可能です。
手術は院長が執刀し、日帰りすることができます。

バスキュラーアクセスを長持ちさせることは、患者さまのQOL(生活の質)を向上させることにつながります。
当クリニックでは術後のメンテナンスにも力を入れております。

投稿者: 梶本クリニック

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2017/08/28
9月25日(月)の泌尿器科診療は都合により休診させて頂きます。
2017/06/20
透析室(2&3階)でWi-Fiが使えるようになりました。パソコンやスマートフォンの使用時には、必ず周囲の患者様への御配慮をお願い致します。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報 院長ブログ
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院