情報コラム

2013.12.26更新

腎臓の機能を人工的に行う人工透析をされる方は、少なくありません。
日本では、約25万人が人工透析を受けていると言われています。
食事制限もあるので大変です。

大阪市福島区の当クリニックでは、患者さまお一人おひとりに合わせた診療とアドバイスを心がけています。
長い付き合いになる人工透析ですから、透析時間を快適に過ごしていただけるよう、ベッドの配置やデザインも工夫しています。
また、食事のアドバイスをはじめ、日常生活や薬剤、健康食品の摂取などについてのご要望や不安についてもご相談いただけます。

当クリニックは、駅から1分程度のところにあります。
透析をお考えの方や見学したい方、透析についてご質問のある方は、一度当クリニックまでお電話ください。
見学希望については、スタッフ責任者が施設をご案内いたします。

投稿者: 梶本クリニック

2013.12.25更新

透析医療は血液を取り扱う医療です。
また日常的に取り扱うため、院内感染などの注意は重要です。

大阪市福島区にある当院では独自の院内感染対策マニュアルを作成し、徹底的な予防に努めています。
また感染症の可能性のある患者さまのための感染症ベッドやスタッフの手袋、マスク、ゴーグル、ビニールエプロンなどの着用なども行っています。
常日頃からの予防と対策により、安心して透析医療を受けて頂けるのです。

透析機器も国内最大シェアを持つメーカーのものを使用しています。
それは全自動機器ですので衛生的にも安心して頂けるものです。
また機械室では臨床工学技士がメインテナンスなどの管理をしています。
患者様の見えない部分でも徹底し、様々な方面からサポートしています。

投稿者: 梶本クリニック

2013.12.24更新

患者様に元気で長生きをして頂きたい。
これが当院のモットーです。

元気で長生きして頂くためには、血圧を適正に保つことや、十分な量の透析を行うこと、良質なタンパク質を食べることなど、さまざまなことがあげられます。
当院では、これらのことを実現するために、長時間透析、管理栄養士による栄養指導、専門医によるエコー検査、院内でのバスキュラー、アクセス手術などに取り組んでいます。

透析療法は、患者様との長いお付き合いとなる場合が少なくありません。
ですので、患者様のお人柄や考え方はもちろん、家庭環境や職場環境など、さまざまな面にも配慮しながら、お一人お一人に合った治療方法を進めていくことを大切に考えています。

透析のことなら、大阪市福島区の当院にお気軽にご相談ください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.12.12更新

当クリニックはJR大阪駅から環状線内回りで1駅目の福島駅から徒歩2分という便利な場所にあります。

旅行や仕事の出張などで、遠方へ行かれた時の人工透析は悩みの種ですよね。
当クリニックでは、大阪へ来られた時の臨時透析を受け付けております。
透析条件の確認が必要ですので、事前に必ずお問い合わせ、ご予約をお願いします。

当院近くには大阪市内では珍しく天然温泉が楽しめるホテルや、将棋会館などがあります。
また当院の近所には懐かしい雰囲気の商店街があり「梅田のこんな近くに大阪の下町の情緒が味わえる場所があるなんて」と驚いて喜ばれる方が多いです。

そんな余裕がない方も多いでしょうが、人工透析をされて元気になられたら、ちょっと寄ってみようかなという気持ちが出てきます。
楽しみと共に治療をがんばりましょう。

投稿者: 梶本クリニック

2013.12.05更新

人工透析は、ただでさえ体にも経済的にも気持ちにも負担が大きいものです。
その中でも、やはり人生の楽しみである食に関しての規制は家族にも患者自身にも大変です。

透析食は気を遣い、難しい対応が必要なイメージがありますが、大阪市福島区の当クリニックの食事指導では、患者様ができるだけ美味しい食事を採れるべく、管理栄養士も医療チームの一員として健康管理に貢献しています。

また、透析療法に詳しい常勤の管理栄養士が、患者様のベッドサイドを回診して皆様への食事に関してのアドバイスをしています。
ご希望によっては、時間を取り決め、別室での相談をじっくり行うことや、ご家族の方の同席も可能です。
食事内容だけではなく、日常生活や薬剤、健康食品などに関しても回答いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.28更新

みなさま、こんにちは。
当院は、大阪市福島区にてクリニックを開院しております。
人工透析をはじめ、内科、泌尿器科、皮膚科を診察しております。

透析治療を当院でお考えの方、まずはお電話にてお問い合わせをお願いします。
来院のお約束の日に院長との面談も兼ね、クリニックを見学していただきたいと思います。
スタッフ責任者が施設をご案内いたします。
そのときに、患者様のお話を詳しくお聞かせいただき、透析や送迎のスケジュールのご相談をさせていただきます。

長いお付き合いをさせていただくことになりますので、皆様とのコミュニケーションを何よりも大事な事と考えております。
お困りごとはお気軽にお申し付けください。
出張時などの臨時の透析にも対応いたします。
ご予約ください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.26更新

腎臓のもっとも大事なはたらきは、からだの中の老廃物や不要な水分を除去して血液をきれいにし、からだの状態を一定に保つことです。
その腎臓の機能を果たせなくなった時に行う治療が人工透析です。

人工透析を始められた患者さまとは、10年、20年と超えたお付き合いをさせていただくことが多いので、気軽にご相談していだたけるような雰囲気を心掛け、ホームドクターという意識をもって診療に当たっています。
当院では、免疫力が低下して細菌感染のリスクが高まっている透析患者さまの下肢を守るため、フットケアにも力を入れ、管理栄養士による食事のアドバイスも行っています。

当院では、医師、看護師、医療事務員など多くのスタッフが連携し、診療に当たっています。当院への通院透析をお考えの方は、お電話でお問い合わせください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.20更新

透析中は、さまざまな懸念点が発生してくるものですが、近年、ことに注目されている懸念点は透析患者様のフットケアです。

透析患者様の下肢には、糖尿病や栄養不全による免疫力低下、細菌感染を起こしやすい、尿毒素が蓄積して皮膚が弱く乾燥しているなどのトラブルがある場合があり、その上尿毒症や糖尿病で神経がいたみ、知覚が鈍くなっているケースもあります。
そのため、健康なときであれば問題にならない些細な、小さなキズなどの皮膚トラブルが、驚くほど急に深刻化し、最悪の場合に下肢切断などの必要性がでてくることがあります。
特に年配の方は視力にトラブルをかかえるケースがあるので、医療スタッフによるフットケアは重要視されているのです。

大阪市福島区での人工透析については、丁寧にとりくむ当クリニックへお任せください。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.14更新

年賀状の販売も始まり、早いもので今年ももう残り少なくなってきました。
今年はみなさんにとってどんな一年でしたでしょうか。

人工透析とは簡単に言いますと、腎臓がやるべき機能の代替を医療機器が行う事です。
主に腎不全に罹ってしまった患者様が週2、3回、一回あたり4、5時間の治療をします。
透析中はベッドに横たわっておりますので本を読んだり眠ったりしながら過ごします。

人工透析を受ける患者様は長期間の治療となります。
患者様が少しでもリラックスできるよう、アットホームな雰囲気作りをスタッフ一同目指しております。
また、透析治療の患者様には、栄養士監修のもと食事の指導も行っておりますので気兼ねなくご相談下さい。

当院は、内科、皮膚科、泌尿器科もございますので気になる症状がありましたらご相談下さい。

投稿者: 梶本クリニック

2013.11.12更新

人工透析の患者さまにとって、バスキュラーアクセス手術は命綱ともいえる大切な手術です。
バスキュラーアクセスとは透析のために血液を体外へ取り出したり、浄化された血液を体内に戻したりするルートのことです。
現在、最も一般的なものは内シャントと呼ばれる方法で、腕の動脈と静脈をつなぎ合わせる手術をします。

当クリニックではほとんどのバスキュラーアクセス手術を行なうことができます。
患者さまの中には人工血管グラフト留置、動脈表在化といった方法が必要となる場合がありますが、これらについても手術が可能です。
手術は院長が執刀し、日帰りすることができます。

バスキュラーアクセスを長持ちさせることは、患者さまのQOL(生活の質)を向上させることにつながります。
当クリニックでは術後のメンテナンスにも力を入れております。

投稿者: 梶本クリニック

前へ 前へ
梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/04/27
外来診察休診のお知らせ
2018/03/26
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院