学術報告

2016.09.05更新

透析ベッド上での運動療法の経験

福本明子、梶本忠人、大悟法恵一、太田延子、入江美幸、井亀かおり、山脇亜紀子、川上喜代美、伊藤 聡、梶本好輝

 6月に開催された日本透析医学会総会での報告内容に、その後の経過や患者アンケートの結果を加えて検討した。現在、当院に通院する患者の約4分の1が運動療法を継続しており、これらの患者で立ち上がりテスト結果が有意に改善したこと、約7割の患者が運動療法の効果を実感していることなどが判明した。


過剰な食事制限により蛋白異化亢進が疑われた2症例

池田真弓、伊藤 聡、山脇亜紀子、大悟法恵一、川上喜代美、梶本好輝

 カロリー&蛋白摂取不足から体蛋白異化が亢進し、BUNやnPCRの異常な上昇、高リン・高カリウム血症を来たしたものと推測される2症例を提示した。高齢患者の透析管理におけるピットフォールを回避するため食事評価が重要であると考えられた。


(平成28年9月4日、於:大阪国際会議場)


投稿者: 梶本クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/03/26NEW
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12NEW
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09NEW
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05NEW
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
2018/02/28NEW
医師退職に伴い泌尿器科診療は2018年3月30日をもって終了させて頂きます。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院