バスキュラー・アクセス手術

バスキュラー・アクセスは透析患者様の命綱です。

血液透析を続けるためには、透析のために血液を体外へ取り出し、そして浄化された血液を体内に戻すルート(バスキュラー・アクセス)が必要になります。現在、最も標準的で優れたバスキュラー・アクセスは内シャントです。これは腕の動脈と静脈を継ぎ合わせることにより、腕の表在静脈に多くの血液を流し、透析のたびに針を刺してバスキュラー・アクセスとして使用できるようにするものです。また患者様によっては人工血管グラフト留置や動脈表在化といった方法を採ることもあります。いずれも手術が必要となりますが、当クリニックでは院内の手術室で大半のバスキュラー・アクセス造設手術を行うことができます。日帰り手術であり院長が執刀しますので、術後もアクセスとして使用できるようになるまで一貫して管理致します。

また如何に上手に作製したバスキュラー・アクセスでも血流が悪くなったり血管が細くなったり、時には完全に塞ってしまうこともあります。以前はこういった問題が生じると改めて手術をやり直していましたが、最近ではカテーテルを用いて治療する(インターベンション治療、PTA)が主流となって来ました。当クリニックでも平成23年6月よりインターベンション治療を導入しており、現在までの約2年間で100例以上の治療実績があります。インターベンション治療の導入後は閉塞によるバスキュラー・アクセスの再建手術が劇的に減少していることからも、この成果は実証されています。また最近では全ての患者様に対して定期的にシャントの血流量測定を実施するようになり、旧来の塞ったら作り直すアクセスから、しっかりとしたメインテナンスで塞らせないアクセスへと発想の転換を図っています。

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/04/27
外来診察休診のお知らせ
2018/03/26
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院