長時間透析

長時間透析は、長生きの秘訣ではないでしょうか。

近年では透析膜の性能が向上し、血液中の尿毒素を比較的短時間で除去することができるようになりました。昔は1回5、6時間が当たり前であった透析時間が4時間前後になっているのは、このためです。しかし尿毒素はからだ中の細胞にも蓄積しているため、これが血液中に浸み出してくるのには意外と時間がかかるものです。ですから透析で血液中の尿毒素は短時間に除去できるとしても、より多くの尿毒素をからだのすみずみから取り除くためには相応の時間をかける必要があります。また、ゆっくりと体内の余剰水分を除水することで、心臓への負担を軽減することもできます。欧米では1回8時間といった長時間透析も試みられており、患者様の寿命を大きく延ばしたことが報告されています。さすがに8時間は無理にしても、少しでも透析時間を延ばして元気に長生きして頂きたい、これが私たちの理念です。当院では1回5~6時間の長時間透析にも取り組んでいます。長時間透析を行うことで、

 

 1. 食事制限を緩和できる
 2. 栄養状態、免疫状態を改善し、感染症に強いからだを作る
 3. より多くのアミロイドを除去できるため、骨痛、関節痛が軽減する
 4. 皮膚の掻痒感を軽減する
 5. 貧血を改善する
 6. 動脈硬化を軽減し、心筋梗塞、脳卒中といった血管合併症を予防する

 

といった効果が報告されています。
日本国内において透析患者様の10年生存率は約50%とされています。ところが長時間透析を行っている患者様になると10年生存率が80%にまで上昇するという報告もあります。「いつまでも元気でいてほしい」、私たちの心からの想いです。興味をお持ちの方はお問い合わせください。

梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら梶本クリニック TEL06-6451-9010 お問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2018/04/27
外来診察休診のお知らせ
2018/03/26
学術報告、院長ブログを更新しました。
2018/03/12
常勤管理栄養士の退職に伴い、栄養士による食事指導は当分の間、中断させて頂きます。
2018/03/09
「透析ケア4月号」に池田管理栄養士のコラムが掲載されました。
2018/03/05
第89回大阪透析研究会での池田真弓管理栄養士の報告が優秀論文に選定され表彰式が行われました。
人工透析について
初めての方へ
長期間透析
オンラインHDF
吸着療法
臨時透析
学術報告 当院患者様のデータ
求人情報
梶本クリニック分院 梶本クリニック新金岡分院